2015年1月31日土曜日

鹿児島の伝統行事、「鬼火焚き」

少し日が過ぎてしまいましたが、1月11日(日)に今年も新春を告げる「鬼火焚き」が行われました。自社農園「にんにく畑」のすぐ近くにあります、舞敷野(もしきの)集落の「鬼火焚き」の様子を見に行ってきました。

この「鬼火焚き」は、もともと七草の日に行われていたそうですが、近年では地域と育成会が一緒になって行う行事として、7日に近い土曜日曜に行われるようになったようです♪



集められた門松や竹で作られた大きなやぐら。
鹿児島県南さつま市「鬼火焚き」の様子

 火が点けられます。


パンパンと爆竹を鳴らすような大きな音が集落中に鳴り響きます。

もくもくと出てくる煙を大人も子どもも浴びて、一年の健康を願います。


 炭火でお餅や焼き鳥を焼きます。


青竹の杯。

大人たちは燗酒や焼酎も楽しみの一つ。


これで今年も一年間元気で過ごせそうです(*^_^*)