2013年5月14日火曜日

にんにくの収穫始まる

こんにちは!にんにく卵黄の正食研究所です。

いよいよ自社農園「にんにく畑」でのにんにく収穫が始まりました!


GWも明けて5月9日(木)から収穫開始。太陽はカンカン照りではなく、うっすら雲が広がっていますが、とにかく暑いです!さぁ~、頑張るぞ!


5月上旬。葉っぱの部分は徐々に枯れが進み始めました。1日、1日経つごとに枯れは進行するばかり。急遽、予定より収穫日を早めることに…。

引き抜いてみると、鱗茎はこんな具合でした。


今年もいい感じに育ってくれました。育ちすぎちゃったぐらいでしょうか~。見た目はまぁブサイクですけど上出来です!


ちなみに昨年(2012年)自社農園で収穫したにんにくで作ったにんにく卵黄のGSAC含有量ですが、932mg/100gという驚異の数値を叩き出しました!生のにんにくで調べてたら、もっとすごい数値だったのでしょうね~。
(※GSACについては別の記事を参照。)


引き抜いたにんにくは、根っこの部分と茎を切り落とします。たちまち畑の周辺に、にんにくの香りが漂い始めます。


このようにコンテナをひっくり返せば、「即席いす」の完成です。これに座ってチョキチョキ作業します。


一個、一個、丁寧に切り落としていきますよ~。土の付いた表面の薄皮を剥ぐことで、水洗いせずともだいたいの土は落とせます。


引き抜く作業と、切り落とす作業を交互にしながら収穫作業を進めます。引き抜く作業は腰に負担がかかり、切り落とす作業は何度もはさみを握ることで手が痛くなります。作業を交互にすることで体を休ませることができて効率的なのですよっ。


にんにくの根本はこんな感じです。

「暑いねぇ~」「風がないからねぇ~」などと言いながらも、疲れの色は一切見せず、おしゃべりも止まることなく、元気でパワフルな重要作業員のみなさんです!


畑にいると、あっという間に半日が過ぎちゃいました!おなかもグ~グ~鳴った頃、正午のサイレン?(メロディー)が響き渡りました。さて、お昼だ、お昼だ!

お昼休憩に入る前に、作業員のお姉さま方にひとつお願いをしちゃいました。

「採ったどー!!」のポーズで写真を一枚撮らせてください!

『はい、チーズ☆カシャ!!』

 
最高の笑顔だと思いませんか~??
 
 
これからしばらくの期間、畑では収穫作業が続けられます。
 
今年収穫のにんにくがにんにく卵黄となって皆様のお手元に届くのは、秋頃になる見込みです。「新にんにく」で作ったにんにく卵黄には、毎年恒例の「新にんにく」シールを貼って目印とさせていただきますね。採れたて出来たてのにんにく卵黄をお楽しみにっ!!


■ホームページはこちら!
http://www.seisyoku.co.jp

■フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/go229ikou

■YouTubeオフィシャルチャンネルはこちら!


■お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-52-2915
(下記営業時間以外は音声受付となります。)

■営業時間
平日9:00~18:00
土曜9:00~17:00
※日・祝休業

株式会社正食研究所
(鹿児島県南さつま市)

0 件のコメント:

コメントを投稿