2013年4月18日木曜日

愛飲者の声⑤

こんにちは!にんにく卵黄の正食研究所です。

今日はお便りをご紹介させていただきます。

■野菜作りに精をだすことができます。
 (山形県/80代/女性)
※年齢は、投稿時の年齢です。

こちらの方は、もう10年以上も続けて飲んでくださっています。にんにくの精を飲んでくださってる方は、10年以上長く続けてくださる方が本当に多いです!ありがとうございます!

私も趣味で園芸を少しばかりかじっておりますので、野菜作りも結構な重労働だと感じます。80歳を過ぎても野菜作りが出来るなんて素晴らしいです!重労働ですので、少しずつ少しずつを心がけていつまでもお元気で活躍してくださいませ!お便りありがとうございました。


■ホームページはこちら!
http://www.seisyoku.co.jp

■フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/go229ikou

■お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-52-2915

■営業時間
平日9:00~18:00
土曜9:00~17:00
※日・祝休業

株式会社正食研究所
(鹿児島県南さつま市)

2013年4月16日火曜日

「はぶ粉」パッケージデザインが変わります

こんにちは!にんにく卵黄の正食研究所です。

ハブ」って知っていますか?

世界三大猛毒蛇の一つで、鹿児島県奄美諸島を中心に生息する猛毒蛇です。
また着物好きの方はもちろんご存知かと思いますが、和服で有名な大島紬(おおしまつむぎ)の「龍郷柄」は、ハブの背模様を象っていると言われています。

ハブはマムシと同じように、昔から滋養強壮剤として知られていて、「ハブ酒」が特に有名です。奄美大島で捕獲した野生のハブを炭焼きにし製粉したものが「ハブ粉」で、煮干しのような香ばしい風味がします。

この奄美の「はぶ粉」を正食研究所でも取り扱っているのですが、にんにく卵黄と並んでなかなかの人気商品なんですよ。一度購入されたお客様のほとんどが、次から次へと継続し、リピート買いしてくださっています。



上の画像が従来の商品のデザインでしたが…

このたび人気商品の「はぶ粉」、パッケージデザインが新しくなりますのでご紹介します!


従来のデザインは摩訶不思議な雰囲気が漂っていましたが、新デザインでは奄美のさわやかな海をイメージしてみました。これまで同様、そしてこれからもさらに親しんでいただけたらいいなぁ~と願いこ込めて作ってみました!



新デザインの画像は校正段階のものなので、もうしばらくは従来のデザインのパッケージのものをお届けいたします!

実は昨日「色校」を出したばかりです(笑)
私どもも一生懸命案を出し合って完成したデザインなんですよ。完成が楽しみで楽しみで仕方がありません!5月下旬ごろから新デザインの商品がお届けできるんじゃないかなと予定してます!

「はぶ粉」ファンのお客様、思わず取っておきたくなるような美しい海の写真のパッケージ、どうぞお楽しみに~!!

■「はぶ粉」商品詳細はこちら
http://www.seisyoku.co.jp/catalog/product_info.php?products_id=11

■ホームページはこちら!
http://www.seisyoku.co.jp

■フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/go229ikou

■お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-52-2915

■営業時間
平日9:00~18:00
土曜9:00~17:00
※日・祝休業

株式会社正食研究所
(鹿児島県南さつま市)

2013年4月12日金曜日

にんにくの“芽かき”作業

こんにちは!にんにく卵黄の正食研究所です。

ずいぶん暖かくなりましたね。でもここ数日はまた寒が戻ってきました。

例年なら今頃が桜の見頃なのですが、今年はもう桜の花も散ってしまいました。そして先日はタケノコも掘りました。外ではうぐいすが「ホ~、ホケキョ」と鳴いています。春ですね~(^-^*)

今日はにんにくの「芽かき(芽摘み)」の様子をお伝えします!


とてもいい天気です。少し体を動かしただけで、じわっと汗ばむほどの陽気です!


列を手分けして、にんにくの芽を摘み取っていきます。


これがにんにくの芽です。
にんにくは春になると花を咲かせるために花芽を伸ばしてきます。

「芽かき(芽摘み)」はなぜ必要か?

私たちが育てているにんにくは、鱗茎(いわるる球根の部分)を収穫することが目的です。植物は花を咲かせるために非常に大きなエネルギーを必要とします。花を咲かせてしまっては花に養分を取られてしまい、大切な鱗茎(球根)が貧弱になってしまうのです。
だから、芽かきは重要な作業になってくるのです。


ハサミなどは不要です。手で折ればポキリと簡単に折れちゃいます。


芽は簡単に折れると言いましても、長時間しているとさすがに手指が痛くなってきます。大変な作業です。収穫までの間、この芽かき作業を何度も何度も、こまめに繰り返していきます。

 
おっと!面白いものを発見!
まるで白鳥の姿のように見えますね!
しかもコピーしたかのように2つ続けて(笑)

これは芽が大きく育ってしまったようです。このようにして、芽の摘み残しがあったりするのです。そして、芽はしっかり摘んでも次から次に新しい芽が出てきますからね!こまめに繰り返し作業しなきゃです。

収穫は来月!

そうですね、ゴールデンウィーク明けてからを予定しています。あとひと月ほどでしょうかね(・∀・)

にんにくの根元は、今、こ~んな感じですよ!

 
さてさて、今日の芽の収穫はこんな感じです~!
 
 
にんにくの芽は、食べてもとっても美味しいんですよ!
おすすめの調理法は、砂肝と炒めて塩コショウ味つけするだけで、ビールのおつまみに最高にあうんですよ!超かんたんです!


■お知らせ
にんにくの芽はたくさんあります!
お越しいただける方に限り、お好きなだけお譲りいたします✩
お気軽にお声をかけてくださいませ~(^-^)/



■ホームページはこちら!
http://www.seisyoku.co.jp

■フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/go229ikou

■YouTubeオフィシャルチャンネルはこちら!


■お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-52-2915

■営業時間
平日9:00~18:00
土曜9:00~17:00
※日・祝休業

株式会社正食研究所
(鹿児島県南さつま市)

2013年4月11日木曜日

もう藤が!

こんにちは!にんにく卵黄の正食研究所です。

お客さまから花のお便りをいただきましたので紹介させていただきますね!

もうオッ

ぶらぶら風に誘われて南薩で春花探し。
5月頃咲くと思っていた。夏間近にと思っていた。
昔は、胃癌薬や食用として重宝されてたとか。植物ってスゴイなと思う。

 
 
ありがとうございました!
こちらの写真は、枕崎市の金山(田布施)でだそうです。
 
 
そうなんですよね!
藤は桜のあとに楽しめる植物だと思っていたのですが、今年はちょっと例年とは違う様子ですよね。すみません、藤で私も一枚、便乗しちゃいます。早々と咲き始めている藤を撮りました(^_^;)
 
 
場所は、南さつま市民会館の隣にあります住吉公園です。3月30日に撮影したものです。今年は桜も早くから咲き始めていたので3月末ですでに桜は葉が茂り始めていましたよ。
 
藤も昔は薬として重宝されていたんですね!昔の人は何が何に効くというのを体で感じ取っていたんですね!先人の知恵は素晴らしいです!

にんにくだって古くはエジプト、ピラミッドの時代から力の源として、また楊貴妃やクレオパトラも美容のお供ににんにくを愛用していたんですものね。
 
本当植物のちからってすごいですね!
 
いつも花のお便りをありがとうございます!これからどしどしお寄せください!お便りお待ちしています!

■ホームページはこちら!
http://www.seisyoku.co.jp

■フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/go229ikou

■お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-52-2915

■営業時間
平日9:00~18:00
土曜9:00~17:00
※日・祝休業

株式会社正食研究所
(鹿児島県南さつま市)

2013年4月4日木曜日

筍の季節

こんにちは!にんにく卵黄の正食研究所です。
春になると、まだかまだかと首を長くしてしまう美味しい食べ物。筍の季節がやって来ましたよ!

正食研究所の向かいの道路の奥、ガードレールの向こう側に竹林があるのですが、ようやく一本の筍が生えているのを発見しました。


結構な急斜面で、降りていくのも怖いぐらいなのですが、虎穴に入らずんば何とやらです。
今年は例年にくらべて、桜の開花は早かったけど筍が遅かったですね。しかも数が少ない…!!

斜面を降りて近づいてみると、小さいこと~(^_^;)


とりあえず道具がスコップしかなくて。(笑)

細くて小ぶりの筍の根元を、スコップ丁寧に掘ります。もうちょっと深くまで掘ろうとしたところで折れてしまいました。砂利まじりの土で、スコップでほっても小石にあたってしまって掘りにくかったです。


全長約30センチ、直径約10センチ。
ちょぴりサバ読みました。

本当ちっちゃいですが、今年の初収穫はこんな筍でしたヽ(´▽`)/

さて、雨後の筍のようにすくすくと(?)今日も元気に頑張りましょう~!!

■ホームページはこちら!
http://www.seisyoku.co.jp

■フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/go229ikou

■お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-52-2915

■営業時間
平日9:00~18:00
土曜9:00~17:00
※日・祝休業

株式会社正食研究所
(鹿児島県南さつま市)

2013年4月3日水曜日

新茶の予約開始!

こんにちは!にんにく卵黄の正食研究所です。

お待たせしました!毎年好評をいただいております、「お茶の松山園」さんの
『新茶』の予約受付けを開始いたしましたのでお知らせいたします✩
(※パッケージのデザインは実際にお届けのものと異なる場合がございます。)
 

正食研究所ではにんにく卵黄やその他健康補助食品のほかに、「お茶の松山園」さんのご好意により、有機栽培茶かせだみどりの取り扱いをさせていただいております。
(※現在オンラインショップでは取り扱ってございません。)

鹿児島茶は、静岡県に次いで日本第二位の生産量を誇ります。さわやかな香りとふくよかな味わい、コクが特徴の鹿児島茶。また『新茶』が日本一早いことでも有名ですね。

さつま銘茶かせだみどりは、農薬を一切使わず有機栽培によって大切に育てられた良質の緑茶です。県内外での評価も高く、贈答用などにご購入されるお客さまも多いお茶です。

「かせだみどり」はご予約をされましたら、新茶が用意でき次第、順次お届けさせていただいております。

申し訳けないのですが、「いつ頃になりますか?」とのお問い合わせには具体的にお答えできません…あしからずご了承くださいませ!

季節のものですので、今が一番美味しいですよ!ぜひご賞味くださいませ(*´∀`*)
ご予約・商品に関するお問い合わせは、下記フリーダイヤルまでお気軽にお尋ねくださいませ。


■ホームページはこちら!
http://www.seisyoku.co.jp

■フェイスブックページはこちら!
https://www.facebook.com/go229ikou

■お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-52-2915

■営業時間
平日9:00~18:00
土曜9:00~17:00
※日・祝休業

株式会社正食研究所
(鹿児島県南さつま市)